携帯・デジカメ

367「10年計画を立てる」


夢を叶えるために、10年計画を立てましょう。10年は長いと思うけど、夢の実現をタイムラインに置いてみると、そんなに長くは無い。置いてみると、逆にその実現のために、どういう順序で何をしていかなければならないかもわかります。

10年計画にオススメなのは、アトトック社製のiPhoneアプリ「10Years」です。これはシンプルで使いやすいです。

時折りこれを眺めて、意識付けしたり、スケジュールの見直しをしたりしています。


1377563703760.jpg

269「水没させた携帯は乾燥材で復活させる」

269「水没させた携帯は乾燥材で復活させる」

年末に風呂掃除をしている時に、誤って携帯電話を水の張ってある浴槽に落としてしまいました。あわてて拾い上げましたが、時すでに遅く、液晶面に水が入り、当然ながら動作しません。

どうしましょうか?

ネットで検索すると、いろいろな対応方法が載っていました。ビニール袋にアルコールを入れてそこに水没した携帯電話を入れて振りアルコールで水分を押し出すと良いとか、窓をしめた車の中に放置したら水分がとれたとか。復活させる専門業者もあるようです。

私が試みて見事に復活させた方法は次のとおりです。

1)まずすぐにバッテリーを外します

2)とにかく振って水分を取れるだけ取ります

3)タッパーウェアに乾燥材を入れて中に水没携帯を入れて密封します

後は乾燥材が水分を除去するのを気長に待ちます。乾燥材は海苔の袋に入っていたものを使いました。大きめなので強力です。途中で水分を吸ったので別の乾燥材に取り替えました。乾燥材は捨てないでとっておくと役に立ちます。

水が入った液晶面が乾くまで1週間かかりましたが見事に復活しました。

218「思い出の品はデジカメに撮って捨てる」

218「思い出の品はデジカメに撮って捨てる」

私はスーベニア・マニアでした。旅行に行った時のチケットやパンフレットを記念に大事にとっておいていました。

ダンボール一箱に思い出の品がためてありました。しかし引越の時に意を決して捨てました。

今ならばデジカメがあります。思い出の品はダンボールにとっておかなくても、泣く泣く捨てなくても、デジカメに記録して思い出だけをバーチャルにとっておけば良いのです。

子どもの学校やおけいこ事などでの作品も同じようデジカメで記録を撮って、作品自体はある期間が過ぎたら、整理するのが良いです。

208「携帯を手帳がわりに使う」

例えば、
・売上のような大事な数字
・常に意識しておきたい部門ミッション
・資本金や従業員数のような自社の情報

そういうものを手帳にメモしておくのも良いことですが、手っ取り早くパソコンからメールで携帯電話に送ってしまっています。

携帯のメールの受信ボックスに専用フォルダを作って保存します。

201「社外でのミーティングの案内は携帯にメール転送しておく」

201「社外でのミーティングの案内は携帯にメール転送しておく」

お客様を訪問して打ち合わせしたり、セミナーに出かけたりするときは、その案内のメールを自分の携帯電話のメールアドレスに転送しておくと便利です。

出先で案内の内容を確認できます。地図を調べることができます。

アジェンダや参加者を直前に確認することができます。

気をつけなくてはならないのは、手帳などにも重複してメモしておかないと、電池切れのときに困ります。

170「携帯電話のショートカット設定を利用する」

仕事柄、携帯電話をよく機種変更しますが、どうしてこうも使い勝手やメニューの項目が機種によって違うのかわかりません。ボタンの機能でさえ数字とアルファベットは同じですがそれ以外のボタンや長押しの機能は統一されていません。せめて同じキャリアの中ぐらいは統一して欲しいものです。

さてそこでしかたなくなんとか自分にしっくりくるようにするためにカスタマイズしています。

文字の大きさや着信音などの基本的なカスタマイズのあとに、よく使う機能をショートカット設定しています。

ショートカット設定とは機種によって名称は違いますが、さまざまな機能をワンタッチで引き出すような機能です。たいていの携帯電話ではその呼び出し方に違いはあるもののついています。これを設定しています。

自分がよく使う機能は決まっているので、こうしておけばメニューを探し回らなくてもスムーズに携帯の機能が使えます。

私がよく使う機能でショートカット設定しているのは、
・アラーム
・電卓
・メモ帳
・文字入力補助設定
・カメラ
・フォトフォルダー
・留守録
です。

154「EX-ICカードで東海道新幹線に乗る」

154「EX-ICカードで東海道新幹線に乗る」

JR東海のEXPRESSカードの会員になると東海道新幹線の座席指定を携帯電話で予約できると書きました(059「新幹線は携帯電話で座席指定をとる」)が、2008年3月29日から、EXPRESSカードの会員に配布された「EX-ICカード」でチケットレスでSuicaのように改札を通れるようになりました。

Suicaと違うのは、EX-ICカードをタッチすると座席券が出てくる点です。この座席券で指定席を確認するわけです。車内検札でもこの座席券を見せます。

指定席は従来のようにパソコンや携帯のサイトで予約ができます。グリーン席にグレードアップできるポイントも継続しています。さらに今回からEX-ICカードを使うと料金が切符よりも安くなりました。

出張精算に領収書が必要ならば、パソコンサイトでプリントアウトできます。

●参考記事
059「新幹線は携帯電話で座席指定をとる

152「乗換案内はNAVITIMEが便利」

携帯やパソコンの乗り換え案内はあまりにも便利なので、時刻表を調べたり路線図を調べたりすることはすっかりなくなってしまいましたね。

152「乗換案内はNAVITIMEが便利」 152「乗換案内はNAVITIMEが便利」

今使っているのは、緑色のガイドマン(?)のCMが印象的な「NAVITIME」です。有料ですがこれがなかなか良くできたサービスです。

  • 乗換案内だけでなくトータルナビならば歩く時間もわかる
  • 乗換駅の乗換地図があるので、どうやって乗り換えるかがわかる
  • タクシー料金の概算がわかる
  • 目的地の天気がわかる
  • 自宅が登録できてワンキーで呼び出せる
  • My地点、Myステーションが登録できる
  • 履歴が残っているので再入力が不要
  • 出口に近い号車がわかる
  • 途中駅を設定することでいろいろなルートの検索ができる
  • ・時刻表が見れる

他にもいろいろ便利な機能があります。専業でサービスしているので、きめ細かいサービスが気に入っています。

143「携帯電話のメールをプリンター代わりに使う」

143「携帯電話のメールをプリンター代わりに使う」

携帯電話活用のライフハックです。

例えば会議の案内メールや、セミナーの案内メールを携帯電話のメールに転送しています。プリントアウトしたりメモを取る手間が省けます。

海外出張でもこれが役立ちました。タクシーで行き先を告げるときに住所を聞かれることが多かったのです。あらかじめホテルの住所などを携帯電話にメールしておいたので、それをドライバーに見せました。

イベントのスケジュールをホームページで見つけたのですが、プリンターがありません。そこでこれをコピーしてGoogle Mailで携帯電話に送りました。

難点は携帯電話がバッテリー切れするとどうしようもなくなることですね。

140「海外でも携帯電話」

140「海外でも携帯電話」

海外出張がありました。携帯電話を機種変更して海外でもローミングサービスでそのまま使える機種にして持って行きました。

これがけっこう重宝しました。

1)海外でもいつものように電話連絡がとれる

あたりまえですが待ち合わせの連絡にはやはり便利です。留守宅の家族との連絡にも不安がありません。会社からも電話がきました。

2)現地で公衆電話を探さなくてよい

公衆電話がなかなか見つからないのです。ホテルへの連絡やレストランの予約にも携帯電話は役立ちました。

3)メールやネットもいつものまま

ローミングサービスでメールもウェブもいつもと同じように使えました。

携帯電話は過去の発明品の中でも極めて強力な発明品だと痛感します。