« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月の記事

367「10年計画を立てる」


夢を叶えるために、10年計画を立てましょう。10年は長いと思うけど、夢の実現をタイムラインに置いてみると、そんなに長くは無い。置いてみると、逆にその実現のために、どういう順序で何をしていかなければならないかもわかります。

10年計画にオススメなのは、アトトック社製のiPhoneアプリ「10Years」です。これはシンプルで使いやすいです。

時折りこれを眺めて、意識付けしたり、スケジュールの見直しをしたりしています。


1377563703760.jpg

366「夢を叶えるには、夢を書きとめて常に持ち歩く」


夢なんて叶わないという人もいますが、「夢しか叶わない」とかつて言われて勇気づけられた記憶があります。

夢を叶えるには、手帳なり、スマホなり、常に持ち歩く物に、夢を書きつけておく事です。そしておりをみて、その書きつけた夢を確認するのです。

私はかつては手帳に書きつけていました。夢といっても大それた物では無いのです。「会社のホームページをなんとかする」とか、「東北旅行する」とか。

今は、iPhoneを使っています。「リマインダー」アプリに「Bucket List」というカテゴリーを作って夢を書いてあります。「スイス旅行」とか、「まちおこし支援に加わりたい」とか、「本を出したい」とか。Bucket Listというのは、「最高の人生の見つけ方」という映画の原題です。死ぬまでにやりたい事リストです。

常に持ち歩いて、確認すれば、夢の実現のために、努力しようという気持ちになります。夢の実現のために、どうしたら良いのか考えます。いろいろなところで、夢を話すようになるので、まわりから、実現のためのキッカケがやってくるのです。そしてそのキッカケを、常に意識をしているので逃すことが無いのです。

夢は胸の中に秘めていては、実現は遠いです。

365「上司に機会をみつけてまめに報告をする」

重要な部下力は、びっくりさせない事です。びっくりさせると、「聞いてない」という反撃を受けます。びっくりさせないためには、こまめに報告をする事です。


報告はこまめに口頭やメールですれば良いのです。しかし、月に一回程度はおりを見て30分ほど時間をもらって会議室などをとって報告をします。


報告には、A4一枚にメモを作って渡します。文字がびっしり入っているような
メモではなく、要点だけを箇条書きにしたもので良いのです。上司が書き込みができるようなスペースも用意しておきます。


何かの判断のアドバイスを求めるならば、どうしたら良いですかと、聞くのではなく、自分なりの結論を2案用意して、選んでもらうようにする事です。


まめに報告をされれば、びっくりする事は無いので安心して仕事をまかせられます。


まめに報告をしない人は、びっくりさせられなくても、心配なので仕事を任せられません。上司に報告に来いといわれたら、反省しなければならないのです。

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »