« 361「考えをまとめるのにはマインドマップが便利」 | トップページ | 363「部下の一人ひとりと面談形式で定例会をする」 »

362「自信を持って報告・提案する」

報告や提案をする時には、自分の意見に自信を持っていなければなりません。自信を持って、ぶれる事なく、自信に満ちた声で発表しなければなりません。

そのためには事前準備が大切です。発表するためのスライドや資料が的を得ているのか、報告する相手を考えてしっかりとつくります。

資料ができたら事前に上司や仲間を前に発表のリハーサルをしてダメだしをしてもらうのが良いです。自分の意見や思いがうまく伝わるかどうかがわかります。一回だけでなく、何回かやれば、スライドや資料が研ぎ澄まされていきます。その時間を考慮して早め早めに準備することが肝要です。

もう一つは、報告や提案する会議に参加するキーマンに事前根回しをすることです。出来るだけ力があって自分の意見の側に立つ人に、あらかじめ資料を見せ、自分の意見に賛同してもらうこととアドバイスをもらっておくことです。そうすれば、会議で反論するひとがいた場合に助け舟をだしてもらえて、自分の意見がぶれる事がなくなります。

まとめ
1)事前準備をしっかり
2)リハーサルをする
3)事前根回しをする

« 361「考えをまとめるのにはマインドマップが便利」 | トップページ | 363「部下の一人ひとりと面談形式で定例会をする」 »

会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436911/52493317

この記事へのトラックバック一覧です: 362「自信を持って報告・提案する」:

« 361「考えをまとめるのにはマインドマップが便利」 | トップページ | 363「部下の一人ひとりと面談形式で定例会をする」 »