« 292「2ヶ月先のスケジュールを常に把握しておく」 | トップページ | 294「Windows ロゴ キーを利用する」 »

293「会議案内の書き方」

会議案内は、5W1Hを明確にすることです。

1)What:議題

291「会議の議題は質問形式にする」で書いたように議題は「〜について」と書くよりも、質問形にすると良いです。

2)Why:目的

これがあまりかかれていませんが、とても大事です。何のために会議するのか、何が目的なのか、どんな成果を期待しているのか、これが明確でないと会議は踊ります。

3)When:日時

4)Where:場所

この二つは当然ですね。

5)Who: 参加予定者

送付先のメールアドレスで代用しても良いのですが正式な会議では誰が参加するのかを共有することは重要ですので記述しておくと良いでしょう。この際に注意すべき点は対象者の組織名を正しく書くことです。

6)How:アジェンダ(議事)

議事を並べます。予定の時間も記述するのが良いです。

あらかじめ課題を提示して宿題にしておけばより効率的に会議が進められるでしょう。

●参考記事
291「会議の議題は質問形式にする」

« 292「2ヶ月先のスケジュールを常に把握しておく」 | トップページ | 294「Windows ロゴ キーを利用する」 »

会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436911/28492179

この記事へのトラックバック一覧です: 293「会議案内の書き方」:

« 292「2ヶ月先のスケジュールを常に把握しておく」 | トップページ | 294「Windows ロゴ キーを利用する」 »