« 229「会議は目的が達成できたかどうかがすべて」 | トップページ | 231「EyeDefenderで眼を休ませる」 »

230「KPT法でレビューをする」

完了したプロジェクトのレビューにKPT法という手法を使ってみたところ、なかなかうまくいきまいた。

KPT法は知り合いの人材育成のコンサルタントから聞きました。レビューに使えるファシリテーションの手法だそうです。Life Hacks PRESS ~デジタル世代の「カイゼン」術~にも載っていました。
* Keep 良かったこと
* Problem 問題点、良くなかったこと
* Try 次に試したいこと
の頭の文字をとって、KPT法です。

こんな具合に進めました。

  1. まず4人づつチームにします
  2. 大判のポストイットを配布します
  3. プロジェクトをふりかえりレビューを4人で議論しながらしてもらいます。その際、Keep、Problem、Tryを意識しながら進めてもらいます
  4. レビューの内容をポストイットに書き出してもらいます
  5. 書き出したレビューをKPTのいづれかに分類してもらいます
  6. 会議室の壁に3枚の模造紙をはり、それぞれに、Keep、Problem、Tryと書き、書き出して分類したレビューのポストイットを模造紙の上に貼っていきます
  7. 貼りだされたレビューを各自で読んでもらい、感想をひとりづつ発表してもらいました

このやり方で、レビューをしたところ、レビューが整理でき、問題点と次のやりたいことがはっきりとしました。

以前は、単純に問題点をポストイットに書き出して、グルーピングするというやり方をしていましたが、KPT法を使うことで、Tryという形で前向きなレビューにすることができた点が良かったと思います。

このKPT法の創始者は Alistair Cockburn ということだそうです。

●「ふりかえり」でプロジェクトを改善する(@IT)
http://www.atmarkit.co.jp/farc/rensai/pl06/pl06.html

●KPTを使ったプロセス改善(平鍋健児)
http://blogs.itmedia.co.jp/hiranabe/2005/10/kpt_cc45.html

●ふりかえりガイド(永和システムマネジメント 天野勝)
http://www.objectclub.jp/download/files/pf/RetrospectiveMeetingGuide.pdf

« 229「会議は目的が達成できたかどうかがすべて」 | トップページ | 231「EyeDefenderで眼を休ませる」 »

アイデア法」カテゴリの記事

会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436911/24185231

この記事へのトラックバック一覧です: 230「KPT法でレビューをする」:

« 229「会議は目的が達成できたかどうかがすべて」 | トップページ | 231「EyeDefenderで眼を休ませる」 »