« 057「マニュアルを作ってwikiで共有する」 | トップページ | 059「新幹線は携帯電話で座席指定をとる」 »

058「報告のための定例会は一対一でやる」

会議とリーダーシップのライフハックです。

各部門で業務進捗確認や情報共有の名目で定例会をやっていませんか?

さてその成果はどうでしょうか。メンバーが1時間なり2時間なり拘束されて結局は報告者とマネジャーの会議になっていませんか。会議は「会って議する場」であり、情報共有という名目で集まっても議論のない報告会議ならばメールやwikiで共有すれば十分です。

ケリー・グリーソンの『なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣』に「週に一度一対一のミーティングをする」というのがありました。

さっそく個別定例会と称して会議室をとり、ひとり10分〜15分程度個別にざっくばらんと進捗や困っていることなど一対一で話す時間を取ってみました。これは効果的です。密なコミュニケーションができます。メンバーも各人は短時間拘束で済むので喜んでいます。

●なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣/ケリー・グリーソン

« 057「マニュアルを作ってwikiで共有する」 | トップページ | 059「新幹線は携帯電話で座席指定をとる」 »

会議」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/436911/8320711

この記事へのトラックバック一覧です: 058「報告のための定例会は一対一でやる」:

« 057「マニュアルを作ってwikiで共有する」 | トップページ | 059「新幹線は携帯電話で座席指定をとる」 »